忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インプラント治療は、予約のときから始まります。

インプラントは、治療後、約1週間は腫れることがあるそうなので、手術直後に重要な仕事が控えているようなときはやめておきます。

手術当日は万全な体調で臨みます。

熱があるときはもちろん、先生によっては咳や鼻水といった症状があるときも治りが悪くなったり術後症状が強く出ることがあるからということで、手術を延期されることもあるそうです。

口の開口量や喉に水を溜めた状態で鼻で息をすることができるかというチェックをしておいた方がいいようです。

口の開口量は、指3本を縦にして入れることができればOKだそうで、喉に水を溜めた状態で鼻で息をすることができるかというのは、ガラガラうがいの要領で喉に水を溜めて上を向き、そのまま鼻で息をしてみます。

2分くらい息が続けば手術は問題なくできます。

 


これらのチェックがうまく出来ないときは、主治医の先生に相談してみた方がいいそうです。

手術前日はいろいろと不安がつきものだと思います。

でも、痛みは麻酔で取ってもらえるし、うまく定着しなかったら無料で再インプラントをしてくれるのだそうです。


インプラントはチタンという金属を使っていて、チタンは骨に埋めただけで骨の方がチタンにくっつこうとするほど生体に親和性の高いものなので、体に悪いということはないのだそうです。

それでも不安が残るという人は、先生に不安なことを全部質問して、安心して後はリラックスするのが一番だそうですよ。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
麻酔セミナー
昨日、[http://www.e-kamijo.com/ インプラントと予防の上條歯科医院]では、午前中を休診にさせていただき、 麻酔科の先生を講師に招き、麻酔の院内セミナーを開催しました。 上條歯科医院ではインプラント治療に際し、ケースの大きな場合等で 全身麻酔の一部である『静脈内鎮静法』を行っています。 静脈内鎮静法は、手術中は意思の疎通はできますが、術後は手術中の記憶がない というレベルの麻酔で、患者様の負担の軽減に役立ちます。うたた寝をしているような感覚に 近い状態を...
URL 2007/11/09(Fri)15:50:42
最新コメント
[11/07 kamijodentaloffice]
コンタクト
※当サイトはインプラントに関することを管理人が個人的に紹介するサイトです。問合せは「件名」を変えずにE-mailを送信して下さい。
運営者:インプラントは専門の審美歯科で!
※誹謗中傷・SPAMは受付ません
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) インプラントQ&A All Rights Reserved